Impressiveness

クラシック音楽連載記事

 

海外文化を紹介するウェブサイトKeynotesでの連載記事

Our world through music~甘い音と巡る世界の響き~ 

 

ニューイヤーワルツはスパークリングワイン!ヨハン・シュトラウス 連載第32回

複数の顔を持つ男。プロコフィエフ 連載第31回

ハンガリーの柳田邦男か?バルトーク 連載第30回

ピアノのパガニーニを目指した男。リスト。連載第29回

恋とドラッグの果てに生まれた幻想曲とは。ベルリオーズ。連載第28回

一流の生き方。ラヴェルの場合。連載第27回

洗練された感性、人生は真逆。ドビュッシー。連載第26回

文筆家でもあった音楽家。連載第25回

歴史を超えたコラボレーション。連載第24回

バッハをこの世に知らしめた天才芸術家、メンデルスゾーン。連載第23回

ピアニストの中のピアニスト、フレデリック・ショパン。連載第22回

文学にまで愛された男。サラサーテ。連載第21回

女神を妻にした男。グスタフ・マーラー。連載第20回

神経衰弱から華麗なるステージプレイヤーへ。ラフマニノフ。連載第19回

スペインのショパンと言われた作曲家、グラナドス。連載第18回

思想、哲学、音楽だけじゃない作曲家。ワーグナー。連載第17回

時代とジャンルを超えたスピンオフ。『クロイツェル・ソナタ』連載第16回

大スキャンダルとなった「逆偽作」騒動。クライスラーについて。連載第15回

パガニーニについて。実は名ギタリストでもありました。連載第14回

重さと甘さ。ブラームスについて。連載第13回

ハイドンについて。現ドイツ国歌の作曲者でもあります。連載第12回

モーツァルトについて。美しい旋律は時代に抗った生き方から生まれた。連載第11回

ベートーヴェンについて。彼の軌跡そのものが学びになります。連載第10回

西洋でも活躍した日本人音楽家。宮城道雄について。連載第9回

年末に演奏されることが多いメサイア。その作曲家、ヘンデルについて。連載第8回

バッハについて。連載第7回

ドヴォルザークについて。連載第6回

チャイコフスキーについて。連載第5回

ウジェーヌ・イザイについて。連載第4回

ピアソラについて。連載第3回

ヴァイオリンという楽器について。連載第2回

フランスとロシアの音楽について。連載第1回