作曲

秘話

この夏、初めて自分の小説というものを世間に向けて発表した。

『ふうあーゆー』というタイトルで、男子高校生が主人公の、現代ファンタジーだ。

 

現在も連載中で、この文章を書いている本日も、続きを公開したばかりなのだが、

 

実は、これはもう全て出来上がっている。

 

泣いても笑っても、この先の展開とラストは想像主たる私の意思決定の通り、というわけであります。

 

で、私は、

これを書くに至った背景をいうのを、かいつまんでお話ししたい。

 

何しろ、こういったエッセイというようなものは無数に生み出せるタイプではありますが、実は小説は全く書いたことがない。

では、なぜ書くのか。

 

実は、昨年11月頃から取り掛かっている『雨女』という小説がある。そのサウンドトラックとなる音楽は出来上がっているのに、肝心のお話しができあがらない。テーマ曲とサントラになる曲もyoutubeに発表している。

 

こんなに難しいのであれば、少しこれから離れて違うものを書いてみよう。

内容は、どうしようか。明るいものがいいな、短くて。あぁ、ファンタジーにしよう、それで全部決まる、うん決まった!

 

今年の7月くらいかな?お風呂で入浴しながら20分くらいで考えた内容で、その日の夜には全部書き上げてしまった。気持ちが良かった。

 

この世界のイメージで曲を書く。

 

曲の最初のメロディはすぐに決まった。だって、この話を表す雰囲気はこれしかないもの。

 

大切にしたいもの。誰の心にもあるもの。

手の中でそっと感じていたいもの。

そんな感じを最初のメロディで表したつもりだ。

 

中間部は少し迷った。

 

でも、誰しも人生は冒険と挑戦。ダイナミックなはずだ。

 

そう思って、ダイナミックな動きを入れた。元より、好きな進行だ。

 

大切にしたい、

 

そんな気持ちを大事に扱ったつもりの作品だ。

 

私の悪い癖で、

音楽を聴いてもらえば、全て伝わる。

 

そう、思ってしまう。

 

具体的にご説明すると、

出だしのメロディは

誰しも心の奥底に抱いているであろう、ひっそりとした思い出。あまり人には見せないもの。

中間部は、その人が生きる道筋、受験や引っ越し、人との出会いと別れ、いいことも悪いことも起こるけれども、前向きに生きる様子

また戻ってきた最初のメロディは、中間部を受けている、でも本来のあなたがいるよ。

youtubeは短めでここで終わっているが、本当はもう少しだけ長い。

 

 

小説と音楽の一体。

未熟ですが、少しでも楽しんで頂ければ幸いです。

 

テーマ曲はこちら

ふうあーゆー⑩

ケイタの様子が少しずつ変わってきたのはその一か月ほどあとだった。

 

パソコンに向かう時間が長くなり、電話もよくする。

そして一日中ブツブツ英文を口にしている。

 

相変わらず俺の世話は丁寧にやってくれるし、それは俺もありがたいのだが、見ていると、

俺はいつまでもここにいるべきではないのでは。そう思った。

 

 

「え、見てもらえるんですか?ありがとうございます!」

 

ケイタは電話を切ると、最低限の俺の衣食住を整えて部屋を飛び出していった。

帰宅したのは深夜になってからだった。

 

「ふう。。。俺、お前たちに、、、。」

 

疲れた顔のケイタは何かを話そうとして、でも途中でやめてしまった。お前たちって、捺美ちゃんと俺のことか?

 

「捺美に返信しないとな。この汚い部屋に入れる自信がないよ。」

 

最近の忙しさでケイタは部屋の掃除はおろか、洗濯も洗い物も溜まりがちだった。

捺美ちゃんが来る数時間前に慌てて表面だけ片づける、俺はそれをよく知っていた。

仕方ない、ケイタはそれだけ勉強も忙しいのだから。

 

「あぁ~。。。困ったなぁ。。。このままじゃあダメだ。。。」

 

そんな弱音を吐くのは、俺が来てからは初めてだった。

 

なんでだ?お前はすごくがんばっているじゃないか。

勉強があるからって、酒もほとんど飲まない。

それに俺の世話は焼きすぎるほど、焼いてくれる。

 

 

「でも、確実な就職を勝ち取るには、やんないと。」

 

 

俺を抱き寄せながら語る低い声は、信じられないほど男らしかった。(第10話終わり)

 

 

小説『ふうあーゆー』テーマ曲~時空の音色~ 作曲・演奏 田中幾子

 

 

 

 

『己』 2019.0823

今日はずっと練習をしていた。

といっても6時間くらいだ。

大体、私の練習は長くて6時間くらい、ということが多い。

気がつくと、あっという間にそのくらい経っているんだよなぁ。

 

今回は、25日の曲目が今までと違って、自分自身の限界を大きく拡げる方向にしているから、集中力や気力の問題もあり、入念な確認をしている。

 

ピアノソロの練習をしていて、ふと気が付いたことは、

私はこうして自分のやりたいことを表現することが一番生きている心地がする、ということだ。

 

だから、自分の思うままのプログラムを組み、自作自演も含めたこのソロコンサートシリーズは、正に田中幾子そのものを表していると言っても過言ではないと思う。それに、これが、一番楽しい。

 

というわけで、ひとまずソロコンサートは今回でおしまいとなるのですが、来年以降は何かまた違うものを携えて皆さまの前にお目見えしたいと思っております。

ま、その間にアンサンブルコンサートがあるから、ぜひそちらもお楽しみに!!

 

写真は、子どもの頃から大好きなままのパディントン。佐賀から連れてきた。

そんな、今日でした。

ソロコンサート。ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。次回は年内ラスト8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』

『変』 2019.0822

私がそういうタイプなのか、それとも今がそういう時期なのか。

 

音楽において、変化が激しい。

 

それは、テクニック的な意味もあるし、音楽的な意味もある。

 

だから、毎日練習していて、毎日変わっていく。

 

この、変化が如実に現れるのは、実は暗譜との兼ね合いの部分においてなのだ。

 

暗譜というのは、私の場合は、楽譜の見た目とともに動きで覚えている配分も大きい。よって、テクニックの変化があるとその影響をもろに受け、覚えているはずの箇所を失敗する。音楽的な変化からも同じことが言える。リズムの捉え方が変わると必ず失敗する。

こういうことが、実に多い。

 

簡単だと思っていた、例えばパガニーニの『カンタービレ』のような今まで幾度となく演奏してしてきている作品においても、そうなる。

 

そうなってしまうと、もちろん怖い。

だから、練習をする。

 

練習の結果、また次なる変化が生み出されるのであるが、

練習以外に変化の先の栄えある芸術を導きだすものは、存在しないから。

 

写真は、今日のおやつ。おやつと称して、これにバゲットを添えて食するのであるから、大した食欲である。

そんな、今日でした。

ソロコンサート。ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。次回は年内ラスト8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』

 

『左』 2019.0820

また日記に書こうと思っていたことを忘れてしまった。

いや、大体いつも内容は決めていないことが多い。だが、パソコンに向かうと自然と内容が思い浮かぶから、それを元に書き始める。

なんだが、

今日はそのついさっきの考えも忘れてしまったのだ。

 

いいんですよ。そのぶん、今日暗譜したイザイを忘れなければ。

あ、思い出した。

 

右と左を間違える、という話だ。

そうそう、私は右と左をよく間違える。なぜだかわからない。ちなみに、地図は読めないし東西南北は全くわからない。

 

今日も、人に車で送ってもらっていたときに

「次のそこを右に曲がって」

と頼む私の腕は左を指している。なんのこっちゃ、という感じである。

 

なんでなのでしょうねぇ。

よく、右と左を子どもが習うときに「お茶碗を持つほうが右。」というそうだが、お茶碗を持って食べることができるようになる前にヴァイオリンを持った私は、確実に「楽器が左。弓が右。」と覚えこんでいる。

なのですけれども、一旦自分の肉体を離れてしまうと左右が判別できなくなってしまうのだなぁ。これについては、理由も対処法もさっぱりわからない。

このあたりについて、なにか知識がおありの方はぜひご一報ください。

 

あと、今日は小説『ふうあーゆー』のテーマ曲を公開したので、よろしければ小説と併せてお楽しみください。

 

写真は、本来の用途で使ったことがあまりないキャンドルスタンド。

そんな、今日でした。

ソロコンサート。ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。次回は年内ラスト8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』

 

『忘』 2019.0819

今日も思う存分練習をした一日だった。

昼は山に行き、少し休んだら練習をする。

 

ヴァイオリンを弾き、ピアノを弾く。

全部、暗譜だから身体も頭も使い放題、という感じだ。(この場合の主体はどこにあるのかと言われると、使おうとする私自身、ということになるのか。)

 

この、自分で自分を酷使するのはいろいろできるようになっていくし、それが気持ちいいのだけど、一つ大きな欠点がある。

 

それは、

 

使いすぎて、他のことができなくなって今朝のことも忘れる。

 

ということ。

 

この事実はいいことなのか、悪いことなのか。わからないけれど、25日の本番に向けてやり抜くのみなのです。

そんな、今日でした。写真は、山の向日葵。

ソロコンサート。ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。次回は年内ラスト8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』

 

『夏』 2019.0818

とことん、疲れ果ててしまった。

今度の曲目は(いつもそうなのだが)とても難しい。

 

オリジナルのピアノソロも、難易度が上がってしまった。そういうものを書いてしまったのだ。どうして、弾けないのに。でも、そのほうがかっこいいから。

 

それに、ヴァイオリンで弾くクラシック曲がまた一段と難しい。そういうものを選んでしまった。だって、夏だもん。

 

夏って、とことんやり遂げたくなってしまいませんか?

夏のあの日の試合。あのときの試験。

 

私にとっての夏は、夏休みの夏じゃなくて、勝負するほうなんだな。

 

でも、年中そうなのかもしれない。。。

と、結論が出ないのも疲れのせいにして晩ごはんをたらふく食べました。全粒粉のパスタ。こう見えて、チーズを多く使っている。

 

そんな、今日でした。

ソロコンサート「青の時代」ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。年内ラストは8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』

 

 

『弓』 2019.0817

今日は、一ついいことがあった。

大体、毎日何かいいことがある人生なのだが、今日のもすごく良かった。

 

それは、弓が軽く扱えるようになった、ということ。

 

ヴァイオリンの音楽のほとんどは右手に集中しているんじゃないかと思っていて、自分がそう思うことへの「答え」が見つかったような気がして、嬉しい。

もちろん、これで右手のテクニックが完璧になったわけではないから、そこはまだまだずっと長い道のりがあるわけですが。

 

きっと、毎日こう練習をして山歩きや運動をして創作をしていることがとてもいいんだろうな、それで毎日何かいいことが起こるのだろうな。楽しいな。

写真は、お気に入りの花器。

 

そんな、今日でした。

 

ソロコンサートシリーズ「青の時代」ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。次回は年内ラスト8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』

 

『次』 2019.0816

基本的に、目の前のことに全力投球してのちやむ、という人間なのですが

わりとすぐに切り替わるほうだ。

 

だから、目の前の練習に打ち込んであともう死ぬ、私もうだめ。

と、なりながら日記もやるし

なんだかんだ、体操したり軽い運動をして

本当にボロボロになって眠る。

 

こんなことを繰り返している。

 

だから、楽器から離れたときには全く違うことを考えていることが多い。

自分の音楽上の問題、練習で気を付けないといけないこと、こういったことは全く考えない。それらは全て楽器との時間で考える。

 

で、案外そうやって離れた時間に次のアイディアが湧いてくるんだよなぁ。

で、そのために必要な準備など、パパパッと考えて、あとはスケジュール調整。

予め決まっているものとの調整をし、練習の仕上がりを考えていく。急に頭が冴えてくる。

 

で、また楽器を手にしたら、目の前の練習に注ぎ込む。

この繰り返しが楽しいんだ。こんな楽しいこと、ないな~。

 

そんな、今日でした。写真は最近の山の様子。雨上がりの緑が美しい。

これもいろいろ考えている。ソロコンサート。ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。次回は8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』

 

『枝』 2019.0815

今日は、連載中の小説『ふうあーゆー』のテーマ曲の下書きができあがった。

下書き、といっても書き留めていないので全ては頭の中だ。

自分の曲は、書くのが面倒で、書いたとしてもメモ程度しか残さないことが多い。今のところ、なので将来どうなっていくかはわからないが。

 

なんか、思いついたメロディや進行、その印象のまま覚えているから書きとめないままなんだよなぁ。それで忘れるかというと、そうでもない。これも今のところ、ですが。

そのうち、年間に100も200も書くようになる予定なのですが、そうなったらさすがに書き留めないと忘れちゃうだろうな。

 

それにしても、練習と創作とどちらもできると非常に清々しい。ちゃんとやった、という気になれる。これで、もうちょっと体調が戻って熱も出なくなれば完璧だから、そこまでがんばろうと思う。

 

写真は、夕飯に茹でた枝豆。塩をまぶして冷ます。

そんな、今日でした。

新曲はここでお披露目。ソロコンサート「青の時代」ヴァイオリン超絶技巧無伴奏、オリジナル曲、即興演奏など。次回は8月25日エムズカンティーナにて。『青の時代 vol.4』